28
9月
2010

ケールが主原料の青汁の特徴

今や青汁には欠かせない原材料となったケールですが、ケールとは一体どんな野菜なのでしょうか。みなさんはご存知ですか?

ケールは別名「スーパー野菜」や「野菜の王様」と呼ばれるように、代表的な緑黄色野菜の中でも特に栄養価の高い野菜として知られています。
ヨーロッパではポピュラーな野菜として知られ、一般家庭料理にサラダとして食べられていると聞きます。

しかし、ケールのそうした高い栄養価が知られていても、日本でケールを食材とした料理は現実にはほとんど知られてはいません。少なくとも一般のスーパーでケールを見た事もありませんが・・・

やはり、日本でケールといえば青汁が有名ですね!
では、そんなケールを原料とした青汁にはどんな特徴があるのでしょうか?

ケールには、人間が健康的な体を作るのに必要な栄養素を含み、ビタミンやミネラル類、タンパク質、脂質、糖質など栄養価の高い成分が揃っています。

深刻化が加速する現代の日本人の野菜不足を上手にサポートし、コレステロール値の過剰を抑える働きや心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを軽減させてくれる効果に期待できるだけに、ケール青汁は最適だということがわかります。

また、ケール青汁に含まれる豊富な食物繊維は、腸内環境を活性化させるので便秘を解消し腸内の環境を整えてくれます。さらにイソチオシアネートと呼ばれる成分は血栓症、高血圧や動脈硬化を予防します。

こうしたことから、ケール青汁によって体に起こる健康トラブルを事前に回避し、また、改善する効果が期待できることがわかりました。
止まらない食生活の乱れの歯止めとなり得る、ケール青汁はそれほどの幅広い栄養素を持っているのです!

ちなみにケールの青汁を選ぶときには、色々なサイトを参考にして、最も飲みやすい青汁を探してください。
例えば「青汁マンの比較ランキング」というサイトには、ケールを中心とした青汁の人気ランキングなども紹介されていますので、このようなサイトの中で、あなたが好きな青汁を探してみてください。

Comments are closed.